古書市

第3回古本ゲリラ、まもなく開催!

すっかり告知が遅くなってしまったけど、第3回古本ゲリラの開催が迫ってきましたぞー! ■開催日時 2013年11月10日(日曜) 12時開場、19時終了 前回の古本ゲリラは、神田エリアでの大規模なアートイベント「TRANS ARTS TOKYO」の1プログラムという形で開催…

揉まれただけで妊娠しそう〜!

最近、自分の古本打率が素晴らしい。出掛けるたびに“いい本”を掘り出しているのだ。これは別に運がいいというわけではない。ただ単にすげー数の古本を見てるから。普通の人が月に1回か、多くても週に1回ぐらいしか古本屋に行かないところを、おれはほぼ毎…

恐怖の前日告知! 第2回古本ゲリラは明日だっ!

札幌レポートの途中ですがっ! 告知を忘れてましたっ!明日(11月10日〜11日)は 神田で「第2回古本ゲリラ」をやるんです! 今回はメンバー増強して総勢53名っ! 神田の旧電機大校舎に集結です!TRANS ARTS TOKYOっつーアートイベントの中に 古本ゲリラが組…

古物商の許可証を取得

やった! 本日ようやく東京都公安委員会から古物商の許可証を発行してもらったぜー!こちらのブログしか読んでない方には意味不明かもしれないので簡単に説明しておくと、おれ、古本屋さん始めるの。昔からの夢だったんだよね。すでに神田神保町に店舗物件(…

チラシできた

セラチェン春山さんが告知用のチラシを作ってくれたよ〜。ありがと〜。出店者、関係者の方で「自分もプリントアウトして友達に配ったりしたい!」という場合はメールちょうだいな。PDFデータを送りまっす。おれのメアドはaircollector★gmail.com(★→@)ね。

古本と酒と泪と男と女とセックスと嘘とビデオテープと太陽と戦慄

4月1日に浮かれているバカの皆さんこんにちは! 今度、こんなことやります! 第1回 古本ゲリラ平日の昼間から酒場と古本屋をハシゴする〈センベロ古本トリオ〉が フリマ的ひと箱古本市を企画しました! ライター、漫画家、小説家などなど各界のクリエイタ…

辛口好きな黄色い子熊

昨日から新宿の京王百貨店では、恒例の歳末古書市が開催されている。日々、あっちゃこっちゃの古書店を訪ね回っている古本コレクターにとって、デパートの古書市は数多くの店の棚を一度に見てまわることができるので効率がよく、非常にありがたい。ただし、…

古本たずねて神戸弾丸ツアー その13

これで神戸弾丸ツアーのレポートは最終回だから、安心しな!メガネ屋さんの変なキャラに見送られて、三宮センタープラザの探索を終えたおれは、バスの発車までもうちょいある時間をつぶすために、居酒屋に入ることにした。どうせなら、あんまり関東の店では…

古本たずねて神戸弾丸ツアー その12

古本屋と中古盤屋をハシゴしながら、その合間合間に一杯飲み屋でガソリン入れる。いつも安田理央&柳下毅一郎との古本トリオでやってることを、わざわざ神戸くんだりまで出かけていって実行しているおれなのだ。三人で飲み歩くのも楽しいけれど、一人っての…

古本たずねて神戸弾丸ツアー その11

なんか旅の思い出を反芻して楽しんでるのはおれだけで、読者の皆さんは退屈してない? コレクターが古本屋、中古盤屋をめぐるだけの日記なんて、もしかして全然おもしろくない? だとしても、ここまできたら東京に帰るまでやめらんないけどな。まだまだ続く…

古本たずねて神戸弾丸ツアー その10

元町高架下の商店街(モトコー)をずんずん歩いていきながら、各区画ごとの入り口を写真に撮っていく。 ▲5は「モトコーファイブ」、4は「花隈南4商店街」 ▲3は「元高3番街」、2は「MOTOKO 2 TOWN」やっぱり区画ごとに名前が違う。看板のデザインも全然…

古本たずねて神戸弾丸ツアー その9

帰宅は夜7時に三宮花時計前から出発する深夜バス。それまで身軽にうろつけるように、三ノ宮駅のコインロッカーにスーツケースを入れる。そして身体ひとつで神戸駅へ向かう。JR元町駅から神戸駅にかけての高架下には、元町高架下、通称:モトコーと呼ばれる…

古本たずねて神戸弾丸ツアー その8

おはようございます。今日は3月26日なのよ。三ノ宮のホテルで目覚めた朝6時。快晴。おっさん早起きだからさ、だいたいいつもこんな時間に目が覚めちゃうのね。とは言っても、旅先の土地でこんな朝早くから何もすることがないので、持参したノートPCでここま…

古本たずねて神戸弾丸ツアー その7

東京を出発するときには、単なる一人旅のつもりだった。まさか安田謙一さんに会えて、一緒に古本屋めぐりが出来て、一緒に酒を飲んだりできるとは、考えもしなかった。それが、いまはご自宅を訪問するために歩いているなんて! 心底、コレクターやっててよか…

古本たずねて神戸弾丸ツアー その6

朝イチに「ひょうご大古本市」からスタートしたことで、神戸近辺のおもな古本屋の品揃えを一気に見ることが出来た。そのうえ安田謙一さんのご好意で、主流からはちょっと外れた味のある店々を効率よく回ることも出来た。次第に日も暮れ始めてきたので、そろ…

古本たずねて神戸弾丸ツアー その5

元町を後にした我々は、市営地下鉄海岸線の夢かもめに乗って、新長田へ向かう。 駅を出て、トコトコ歩いて、どこかのショッピングセンターの中を通り抜けていくと、なんか見えてきた。この赤い爪先は!?もったいぶるほどのこともないか。いまや長田区といえば…

古本たずねて神戸弾丸ツアー その4

昼食を終えたおれは、ヤスケンさんご夫妻に案内されながら神戸の街をテクテク歩いた。暑くもなく、寒くもない、絶好の古本日和だ。JRの高架の北側エリアを、三ノ宮から元町方向へしばらくあるくと、普通の住宅街っぽいところの一角に、トンカ書店があった…

古本たずねて神戸弾丸ツアー その3

古本抱えたおっさんの前にあらわれたのは、安田謙一さんだった。レコードコレクターでこの人の名前を知らなかったらモグリだ……というのは言い過ぎなので親切に教えてあげちゃうけど、安田謙一、通称ヤスケンさんは、ご自身を“ロック漫筆家”と称するライター…

古本たずねて神戸弾丸ツアー その2

深夜バスとはいっても、外の夜景ぐらいはそこそこ楽しめるのかと思ったら、寝る人のためにずっと車内のカーテンを閉めたっきりなのな。だから真っ暗。途中、休憩で3回ほどサービスエリアに停まった以外は、いっさい外の景色が見られない。おれは休憩のたび…

古本たずねて神戸弾丸ツアー その1

仕事と称して朝からゲームをやっていたり、ヒマさえあれば古本屋めぐりをしたり、下町のもつ焼き屋に通いつめたり、普通の勤め人からするとずいぶんお気楽な生活をしているように見えるかもしれない。ま、楽しくない、とは言わないが、こう見えてもこちとら…

京王百貨店古書市と浅草名画座

松屋は牛丼もうまいけど、デパートもいいよねー。三越とか伊勢丹とかにはない、いかにも“日本の百貨店”という感じが好きなんだよ。 で、昨日は新宿の京王百貨店と、浅草の松屋でそれぞれ古書市があるとのことで、出掛けてきた。まずは新宿京王だ。松屋が好き…

ジカソーテーの女王

先日、所沢のくすのきホールで開催された「彩の国 古本まつり」に行ってきた。毎年、春夏秋冬、年に4回もやってくれるから、古本おやじにとって季節ごとの楽しみになってるんだな。こちらのリンク先で場内の写真を見てもらうとわかるけど、神田以外の古本市…

上を向いて歩こう

千葉県在住の場合、都内に行って帰ってくるだけでもそれが度重なると毎月の交通費もばかにならないわけで、だから、どうしても出かけなければならない用事があるときは、それに便乗して複数の用事を一緒に済ませてしまうようにしている。昨日は、大塚に用事…

つくたま古本ハンティング[後編]

浦和に着きました。ここでは、ブックオフも含めて駅周辺にある5軒の古本屋を巡る予定。 まずは、地図を書き写してきたなかから、もっとも駅から離れたところにある「浦和古書センター」へ。 古書センターなんていうから、神田の古書センターとはいわないま…

つくたま古本ハンティング[前編]

久しぶりの休日。 またまた映画のハシゴでもすっかなー、今週だったら『劔岳 点の記』観て、『精神』観て、『バッドバイオロジー』観て……と思ったのだが、自分は映画ブロガーではなく、古本ブロガーであることにハタと気がついて、だったら古本屋巡りでもす…