アーカイブック2016発表……の前に!

「アーカイブック」という言葉を提唱しようと思う。どういう意味かというと、「何らかのコレクションをまとめた書物」、あるいは「何らかの蒐集家がコレクションについて書いた書物」のことだ。アーカイブ+ブックでアーカイブック。『フリースタイル』とい…

12/20(火)は千駄木で本年最後のCRAZY GROOVE DONUTS!

今年の1月から千駄木のロックバー「Bar Isshee」でスタートしたCRAZY GROOVE DONUTS(毎月第3火曜の夜8時からやってるDJパーティー)も、いよいよ12回目を迎えます。毎月1回だからカウントしやすい! 12月は今年最後ということで、ゲストDJをお招きしてさ…

大阪・なんば、味仙の担仔麺

今年の5月に大阪へ行ってきた。千日前にある味園ビル内「紅鶴」でトークライブに呼んでいただいたからだ。まあ、その話は別の機会にするとして、せっかく大阪まで行ったのだから、仕事のついでにその土地ならではのラーメンを食べておきたい。ぼくの脳と胃…

8/16は千駄木でWバースデイバッシュ!

平日の昼間からTシャツに短パンで街をふらふら徘徊してラーメン食ったりビール飲んだりレコード掘ったり古本めくったりしていても時間さえ経てば人間って奴ぁ自動的に歳をとる。8月3日、こんなわたくしでも55歳になりました! そんな自分を自分で祝うために…

どうでもいいことで生きていく

おかげさまで『無限の本棚』を出版して以来、各方面から取材、イベント出演、ラジオ出演などのお話をいただきまして、忙しい日々を送ってます。どうせすぐに波は引いていくだろうけど、とりあえず注目されてるうちが花なのよ、というわけで、時間の許すかぎ…

3/22新刊『無限の本棚』が出るむげ〜ん。

すっかり放置しっ放しで、たまに更新されたかと思えば宣伝ばかりになってしまっている当ブログ「蒐集原人」なのですが〜、凝りもせずまた宣伝のために更新するのです!とみさわ昭仁の書き下ろし新刊が、3月22日にアスペクトより刊行されます。タイトルは『無…

2015年度映画ベストテン

昨年公開された映画の私的ベストテンを「映画野郎メルマガ」2016年1月8日 vol.380に寄稿したけれど、無料メルマガなのでこちらにも同じものをアップしておく。01位:グリーン・インフェルノ 02位:マッドマックス 怒りのデス・ロード 03位:カリフォルニア・…

むせび泣く、夜のJブルースとエロ歌謡

ろくすっぽ仕事もしないでDJ道楽にウツツを抜かしているわたくしだが、久々に自分主催のDJパーティーをやります。明日。えっ、明日? 告知すんの遅いよ!その名も、『むせび泣く、夜のJブルースとエロ歌謡』ということで、このところ集めていたJブルースの名…

らくがおエディ

中古レコード店でインパクト大な落書き付きレコードが販売される→拡散されてTwitter上で売れていく案件が発生ねとらぼで勝手にニュース扱いにされたが(べつに怒ってない)、こんなもん出てきたらそりゃ買うっつーの。おれはこういうのすぐ買っちゃう前科あ…

イクときは一緒だよ

2月7日、阿佐ヶ谷ロフトAにて「珍書ビブリオバトル」なるイベントが開催された。ビブリオバトルとは「知的書評合戦」とも呼ばれるゲームで、数人の出場者が自らセレクトした本を携えて順番に登壇し、5分の持ち時間内でその本を紹介する。原則として、スライ…

父との戦い

年が明け、1月7日に父が亡くなった。享年84歳。ずいぶん前に脳梗塞で倒れてから、とりあえず復活はしたものの、最近はかなり恍惚の人状態だったので、そろそろ秒読みだと覚悟はしていた。昼間、ひとりで風呂に入って湯船に浸かった途端に心不全を起こし、そ…

去年は終わり! ようこそ今年!

毎度おなじみ、昨年を振り返るエントリーです。●執筆業 フリーライターとしては、大好きな『本の雑誌』に何度も登場させてもらったり、敬愛する北尾トロさんの『レポ』に参加させてもらったり、畑違いの文芸誌『群像』にエッセイを書いたり、いろいろおもし…

Bootleg未掲載原稿

先の文学フリマで頒布された映画評同人誌Bootlegの新刊『Bootleg CATALOG』のために書いたけれど、〆切りに間に合わず未掲載となった『ノーマッズ』のレビューを以下に掲載します。 ジョン・マクティアナン監督には、『プレデター』を筆頭に『ダイ・ハード』…

11月24日は文学フリマの日

いよいよ明後日は文学フリマの日!会場は東京流通センター・第二展示場。 浜松町から東京モノレールで区間快速か普通に乗り(空港快速に乗ったら停まらないよ!)、流通センター駅で下車。東京流通センター 第二展示場(入場無料)が文学フリマの場所。一階…

11/2 マニタ書房3周年パーティーのお知らせ

2014年10月27日で、マニタ書房はめでたく3周年を迎えました。しょっちゅう店主が古本仕入れ旅に出掛けて休業してばかりいる古本屋をここまで続けてこれたのは、入店ハードルの高さにめげずにご来店くださるお客樣方と、バカ店主に原稿依頼をしてくださる出…

正しいタコの……。

こういう本がありまして。それと対になるものをレコード棚から掘り出してきた。以上です。

第三のスカジャン「ナスカジャン」いよいよ発売!

20年ほど前だったろうか。唐突にスカジャンが欲しくなり、どうせ買うならアメ横よりも本場で、と横須賀まで出向いていき、老舗のひとつであるプリンス商会で購入した。たしか15,000円くらいした。 ※写真はイメージ生地はサテン、前身頃と後ろ身頃が赤で袖が…

【昭和歌謡祭 〜シャワラン☆ビューティvol.1〜】

前回、渋谷でDJをやってからちょうど1ヶ月。またDJをやることになったよ! こんどは電撃ネットワーク・ギュウゾウさんのお店、四ツ谷荒木町「鯨人(GEININ)」での昭和歌謡パーティ!【日時】 7月22日 START 19:00 / END 23:00【会場】 くじら料理「鯨人」 …

DJ14人全員異ジャンル30分一本勝負

とってもとっても久しぶりにDJやりますよ! 最後にやったのが2004年とかなので、もう10年ぶりかも。イベントタイトルは「DJ14人全員異ジャンル30分一本勝負」。いいですなー。ノイズとかジャズとかファンコットとか、いろんな音楽がかかるよー。おれは「わる…

早稲田、メルシーのやさいそば

朝、家で家族と一緒に朝めしを食べ、昼過ぎ、どこかの古本市、もしくは未踏のブックオフを覗きにいく。そういう生活をこの3年ぐらい繰り返している。昼めしは出掛けていった現地で食べることが多い。自分は古本道楽の一方で、ラーメン道楽でもあるので、目…

足柄上郡・松田、丸嶋の餃子ラーメン

普通の人は、「餃子ラーメン」と言われたら、ラーメンの上に焼き餃子が3つか4つ乗っかっているのを想像することだろう。するよね? でも、ぼくはそういう想像はしなかった。なぜか? その理由はこのあと説明します。小田原周辺のブックオフを訪ねてまわるツ…

大阪ドサ回りツアーやります!

いつもトークライブはだいたい自分で企画してやることが多いんですが、今回は立て続けに2件、声をかけていただきました。それも大阪で! ただでさえ国内旅行が大好きなのに、仕事という名目で旅行ができるのは本当にしあわせ。古本屋を始めたってのも、その…

死の蔵書

ジャケ買い、という言葉がある。本来はレコードコレクター用語だ。通常、レコードというものは、それに収録されている音楽を好きか嫌いかで選ばれる。ジャケットは、あくまでもその音楽の魅力を飾りつけるための衣装でしかない。そもそもアメリカのレコード…

マニタ書房Tシャツ、売ってます

マニタ書房のオリジナルグッズを作りたい、とは開業して以来ずっと考えていたことだった。だが、生来のメンドクサガリ屋のため、なかなか手をつけずに、ほつぽつておいた(杉山治夫の借金督促状風表記)。まあそのうち仕事がヒマになったらやりましょう、な…

宮崎県・延岡、辛麺屋桝元のこんにゃく麺(中辛)

2月に宮崎県へ行ってきた。主な目的は生頼範義展を見学するためだが、初めての土地へ旅行するなら、当然、周辺のブックオフめぐりをするし、なおかつ、その土地の名物や旨いものも味わいたい。で、ラーメンの話。この旅では、事前に地元のラーメンのことは調…

そんな君から別れのなまこ壁

そうか、わかってしまった!何がわかったのか、それを説明する前に、事のあらましをおさらいしておこう。いわゆるゴーストライター事件である。全聾の天才作曲家として知られていた佐村河内さんが、実は自分では作曲をしておらず、桐朋学園大学の音楽学部で…

しまいにゃイレズミ彫るぞブックオフ

オークションで、おしゃれな文庫用のブックカバーを落札したよ!素材は動物の命にやさしい合成皮革! だれも死んでない!スピン(しおり)の先にはマーカーが。これ、なんの形かわかる?そう、ブックオフのあのイメージキャラ。そしてカバー表面には……。ブッ…

8月に見た映画

8月(昨年の話ね)に見た映画は8本でした。 スキャナーズ(8/6 キネカ大森)★★★ 初めて見たけどおもしろいなー。ラストはワハハ本舗の力み寄席みたいだった。 ザ・ブルード 怒りのメタファー(8/6 キネカ大森)★★★ クローネンバーグのキモさ全開でおもしろか…

ロックンロールなんとかリーグ

さっくり書こうと思ったが、時系列がややこしいので、まずは順を追って話そう。2012年の12月。漫筆家・安田謙一さんが、過去10年のあいだに書きためた原稿がまとめられて本になった。タイトルは『なんとかと なんとかがいた なんとかズ』。相変わらず流石な…

7月に見た映画

いまさらながら去年の映画鑑賞の記録をアップするわけですが、7月はたったの2本しか見ていない! なんというていたらく。 夜の大走査線(7/22 新橋文化劇場)★★★★ 警察署長に「もう列車はないぞ」と言われたシドニー・ポワチエが「いや、火曜はあるんだ」…