名古屋市内ブックオフ支店全制覇ツアー その3

ここまでに6軒のブックオフをまわって初日は終了。午後2時過ぎに名古屋へ到着してからの6軒だから、十分な結果だと思う。いい本もいっぱい買えたし。

で、旅のお愉しみといえば、もちろん“土地の酒場”での一人飲みだ。おれ、東京にいても一人でしんみり飲むのが好きなタチだから、旅先で一人も全然オッケー。むしろ積極的にそうありたいと願うほどだ。一人で飲んでるとさ、いろんなこと考えるんだよね。その大半はくだらないギャグだったりするんだけど、難航していた原稿の突破口となるヒントを見つけたことも数知れずある。

初日はあんまり名古屋に深入りせず、ネットで見つけた手頃な店「もつ焼き やまと」に入る。手頃ってのは「お値段的に」でもあるけど、「ホテルから歩いていける近場の店」という意味でもある。

朝挽きの豚を出すのが自慢という店で、まずはハツ刺しから。お飲物は? さすがにこっちでは「江戸っ子」や「大松」のような下町系ハイボールを望むわけにはいかないので、酎ハイを。でも、こういう普通の酎ハイも大好きなんだよなー。あの酸っぱい汁が入った憎っくき“ハイサワー”ではなくて、焼酎(銘柄なんかなんだっていい)をただの炭酸で割っただけのやつ。これがいいんだ。

焼き物は、フワ(肺)とノドブエをいただく。横にちょこんとカラシ味噌がのってるのはやっぱり名古屋流ってことだろうか。いや、しかし、地元の行きつけで食うもつ焼きもうまいけど、旅先で食うもつ焼きもうまいなー。

ところで、このレポートを書くために当時のツイートを読み返してるわけだけど、この店で飲みながら、おれは「次のツアーは東北だろうな」なんてつぶやいてる。まさか、この3ヶ月後に沖縄へ行くことになろうとは、本人さえも考えていなかったのだった。

さて、名古屋まで来たからには、もつ煮込みの味も確かめてみないわけにはいかない。お兄さん、煮込みひとつ追加で。どんなアンバイかなー。

味噌、甘めぇ──っ!!

だいたい予想していた通り。でも、どれもおいしかった。最後に、この店自慢のラーメンもいただいて(さすがに400キロも運転して体力を消耗していたからか、野菜と肉が山盛りのラーメンもペロリといけた)、まっすぐホテルへ戻る。ホテルでは、マニタ書房が取材を受けた記事の校正をチェックして、ベッドへもぐりこんだ。

その4に続く)

東中野の夜空に豚の脂が蒸発する

東中野の飲屋街ムーンロードにあるという、知るシトぞ知る映画&プロレスおたくBAR「バレンタイン」。店内中には映画のポスターが張り巡らされ、好き者たちが集まっては、夜な夜なマニアックな会話が交わされている……。

そんなバレンタインで、一日店長をやらせてもらうことになった! まるでアイドルみたいだよな。そのうち一日署長とかもやってみたいぜっ!

【もつ喰い映画祭 とみさわ昭仁Day】

東京中のもつ焼き屋を食べ歩いていて痛風寸前と評判の
とみさわ昭仁がバレンタインのカウンターに立つ!
といっても、カクテル作ったりシェーカー振ったりはできないので、
人喰い映画でおもてなしだ!

ドリンクは、お一人様2時間飲み放題で3000円とさせてね。
2時間過ぎたらあとは通常料金で(チャージはナシ)。
そしてスペシャルメニューは
とみさわ家特製の「もつ煮込み」を用意します!
数に限りがあるので、お早めに。

みんなでうまい煮込みを喰らいながら、
人喰い映画の話なんかをしようじゃないか〜。

■日時:2012年2月11日(土)、18:00〜23:00
■場所:東中野BARバレンタイン 中野区東中野4-2-27-2F


※画像はイメージです。

南千住・大林酒場の牛もつ煮込み

チェーンの居酒屋ならともかく、ちょっと気の利いた飲み屋となると、土日祝日は休んでしまう店が多い。けれど店が休みだからって、呑ん兵衛どもの肝臓まで休みになるわけではない。したがって、そういう曜日には呑ん兵衛難民が数多く出現することになる。自分も間違いなく、そうした難民の一人だ。

先週の日曜日。愛用の『東京飲み歩き手帳/浜田信郎』(ぴあ刊)で調べると、南千住の「丸千葉」という店が水曜定休、すなわち日曜でもやっているとあった。山谷のドヤ街におそれをなすような年齢でもないので、南千住の駅で降り、泪橋を抜けて目指す丸千葉まで歩いていった。

10分ほどで到着。店内からはにぎやかな喧騒が聞こえてきたが、一人くらいならなんとかなるだろうと硝子戸をあけると、満席だった。人差し指を1本立てて、店員さんに目線で問いかけるが、残念そうに首を振られた。
それじゃあ仕方がない。
軽く肩を落として「やれやれ」みたいな小芝居をしつつ、駅に向かって引き返す。といっても、そのまま真っすぐ帰るわけではない。途中でもう一軒、いい案配にくすんだ飲み屋があったので、そちらに顔を出してみることにした。

暖簾と看板には大林とあったが、あとで調べてみたら正式名称は「大林酒場」という名前のようだった。

なかに入ると、でかいカウンターにテーブルがいくつか。カウンターには4〜5人の客がついている。テーブルは空席。BGMはなく、店内の隅におかれたテレビの音が小さめに鳴っているだけだ。飲食時に音楽は無用、と思っているおれなので、この布陣は好ましい。願わくばテレビもいらないが、まあ、これは仕方あるまい。
店内は天井がやけに高く、それがとても気持ちいい。使い古された表現だが“昭和で止まってる”というやつだ。その様子をぜひともお見せしたいところだが、携帯禁止、撮影禁止の店なので、写真はナシ。まあ、ちょっと検索すれば、バシバシ写真を載せてしまってるブログもあるので、それを見るといい。

カウンターの中では小柄な大将が一人で酒の仕度をしたり、つまみを運んだりしている。厨房はその奥にあるようで、チラリと覗けたお顔から察するに、女将さんが一人で調理しているようだった。
大将に焼酎ハイボールを頼むと、大きめのグラスに焼酎を半分ほど入れてくれ、大将自ら炭酸の栓を抜いてグラスに注いでくれた。入店したときにひとっ言も挨拶がないので、かなりの難敵! と思ったが、この大将、無口なだけでじつは気のいいオヤジかもしれない。

つまみは肉どうふ。皿に盛られた絹ごし豆腐がきれいな飴色に煮染まっていて、味もよく染みていてうまい。自分の食うものなんだからとこっそり写真を撮ったりはしたけど、やはりここには載せない。
牛もつ煮込みは、肉どうふとカブるので自分では頼まなかったが、隣りの客のを見たところ、これもうまそう。細長い楕円形の浅い皿に軽く盛られていた。これって、「大坪屋」と同じ盛り方だな。南千住スタイルなのかもしれない。

東京飲み歩き手帳

東京飲み歩き手帳

亀戸・こん平のもつ刺し盛り合わせ

ブックオフが2軒もあることで有名な亀戸にもつ焼きの名店があると、シャバ僧(別名:チャトラネコくん)が誘うので、映画好きの仲間数人で行ってきた。


その名も「こん平」。もみあげが外側へはねてる師匠とはとくに関係はなさそうだ。

もつ焼き屋へ行くときはいつも一人で、カウンターに座ってハイボールをちびちび舐めながら、無言でもつ焼きの串をかじるのが好きだ。そもそも下町のもつ焼き屋っていうのは、そういう一人客用に出来ている。テーブルもあるにはあるけど、お座敷のある店はあんまりない。ところが、こん平には2階にお座敷があって、最大で20〜25名ぐらいは収容できる。ま、そんなには友達いないので、今回集まったのは7人だけだけど、大勢でわいわい言いながらもつ焼きを食うのもわるくないもんだ。

提灯に「もつ焼き」と銘打っておきながら、実際にはタンとシロとレバぐらいしかなくて、しかも生(もつ刺し)はないという詐欺みたいな店も多いなか、こん平の品揃えは見事だった。焼きに関しては、いわゆる豚モツの部位はほとんどある。刺しも基本はすべて取り揃え、ホーデンまであった。

焼き物は、とくに個性的な味というわけではなく、普通にうまい。この“普通”ってのが大事だ。1本120円という価格設定は、100円以下が常識の下町系もつ焼き屋としては高いほうだが、不満を感じるほどではない。

驚いたのは刺身の味だ。もつ刺し盛り合わせを頼んだのだが、これが驚くほどうまかった。


皿の奥からコブクロ、タン、ネギの下に隠れているのがレバー、ホーデン、ハツ、ガツ。これで1100円。これも最初は(ちょっと高いのでは……?)と思ったんだが、ガツをひと切れ食べて考えが変わった。歯ごたえがありつつも柔らかく、臭みもなくて非常にうまい。これは本当にいいガツだ。

レバ刺しというのは、質の善し悪しが明確に出てしまうものなので、手を抜くとすぐにバレてしまう。だからどこの店でも努力する。けれど、ガツは質の差があらわれにくい部分なので、どんな名店で食ってもだいたいが靴底なのだ。でも、この店は違った。靴底なんてとんでもない。まるで上等なスウェードの靴を食べているような……(伝わるか不安になってきた)。

とにかく、亀戸のシャバ僧よ、いい店を教えてくれてありがとう。きみもやれば出来るじゃないか!(なぜか超上から目線)

亀有・江戸っ子のシロ&だんごミックス

もつ焼き「江戸っ子」といえば立石が有名だけど、その本店が亀有にある。我が家からは立石よりも亀有のほうが断然近いので、こちらの本店にはちょくちょく行っている。いちおう15席ほど椅子はあるが、基本的には立ち飲みの店だ。腰痛持ちには正直つらいところ。とはいえ、こういう店は長居するもんじゃないから、これでいいのだ。ハイボール2〜3杯に、もつ焼き2皿ばかし食ったらさっさと帰れ、ってことだ。

メニューは基本的にすべて320円で統一されている。もつはどれも一皿4本で320円。同じのを4本も食べたくない、って人は「みつくろい」で注文するといい。マスターが適当に4種類を見繕ってくれるだろう。他に「ミックス」という注文の仕方もあって、これは2本ずつを組み合わせてくれる。豚もつならば大体なんでも組み合わせてくれるが、不可能な組み合わせもあるようなので、慣れるまでは他のお客さんの注文をマネするといい。


これはシロとだんごのミックス(塩焼き)。だんごってのは鳥つくねのことだ。もつ焼きじゃないけど、江戸っ子はこれが抜群にうまい。

お酒も1杯320円。客の9割は「ハイボール」を飲んでいる。通っぽく振舞いたければ「ボール!」って言うといい。すかさず「イヤ、いまのはストライクだろ!」って言われるはずだ。そんなわきゃない。ちゃんとハイボールが出てくるから安心してほしい。グラスの中にはレモンが一片入っていて、おかわりするとどんどんレモンが足されていく。何杯飲んだかは、そのレモンの数でわかるという仕組み。だからこのレモンは食っちゃイカン。他のお酒も320円じゃないかと思うが、ボール以外頼んだことがないのでわからない。

運良く椅子が空いていれば座って飲むこともできるが、混んでいて立ち飲みになっても、それはそれでけっこうなもんだ。だんだん混み方が激しくなってくると、どんどん詰め込まれていって、立っている者同士が身体を斜めにして並んでいくことになる。これが、なんかダークダックスみたいで楽しいんだな。

テイチクミリオンシリーズ ダークダックス

テイチクミリオンシリーズ ダークダックス

関西の酒場では普通に「ダークして!」って言われるらしいが、関東では聞いたことないな。

上野・大統領の馬もつ煮

昨日は、今年度ベストテン入り確実の映画『ドゥームズ・デイ』が大好きな皆さんで、作品の魅力について語り合う会を開催した。人喰いモヒカン族の映画なので、人肉……というわけにはいかないが、アメ横のもつ焼き屋でうまいハラワタを食べることにした。

上野だったら断然「大統領」がおすすめだ。アメ横のガード下で10人も入れば満杯になるような狭い店として昔から営業していたのだが、近年のもつ焼きブーム(?)で来客が急増して、いまは近くに巨大な支店も出している。今回の飲み会って、最初3〜4人くらいの参加者かと思ってたら、なぜか10人近くになっていたので、あわてて支店を予約した次第。もつ焼き屋を予約するっていうのも珍しい体験だ。

で、予約してまで食べに来るんだから相当うまいもつ焼きなのかというと、実はそうでもない。あんまり特徴がなくて、まあ、普通の味。値段も普通。じゃあ、なんでわざわざここへ来るのかというと、この店は「もつの煮込み」が名物なのだ。大統領の煮込みは、使われている臓物がブタでもウシでもなく、ニンゲンなのだ!(いちおう言ってみた)

まさか信じるひとはいないと思うが、もちろんニンゲンであるはずはなく、「ウマ」のもつを使っている。だから、ちょっと普通のもつ煮込みにはない独特の香り、例えて言うならば“ランドセルの匂い”がして、とーってもうまいのだ。

あれ? ランドセルってうまそうじゃない? おれ、子供の頃よく中に顔突っ込んで匂い嗅いでたけどな。

綾瀬・大松のアブラ塩焼き

その“うまい串”に気がついたのは、3年前の初夏だった。飲み屋で飲んだり食ったりしている最中ではなくて、昼間、仕事しているときに突然、脳内にそのうまさがフラッシュバックした。「そういえば、この前、焼き鳥屋で注文した串焼きセットの中に1本、妙にうまいのがあったなあ」と。
また食べたい、と思ったけれど、ピンポイントで注文しようにもそれがなんなのかがわからない。鶏肉じゃなかったことだけは覚えていたので、なんとなく「ホルモン焼き」だろうと思った。ところが、ネットで「ホルモン焼き」という語句を検索しても、焼き肉屋さんの網の上で焼く「ホルモン焼き」か、あるいは鉄板の上で味噌ダレとともに焼いて食べる大阪の「てっちゃん」ばかりがヒットする。
そうじゃないんだよなー。あれなんだっけなー。と、いま振り返れば笑ってしまうぐらい簡単なことがわからなくて首をひねり続けていたのだが、あるとき不意に昔の記憶がよみがえった。高校んときの友達が骨折で金町の病院に入院していたとき、「となりのベッドのオヤジがアル中でさあ、毎晩抜け出しちゃ駅前までもつ焼き食いに行ってんだよね」と言っていたのを思い出したのだ。
も・つ・や・き!
やっとこの言葉が出てきた。そうだ、焼き鳥盛り合わせの中に混じっていて、おれが「うまい!」と思ったそれは「もつ焼き」だったのだ!
あらためて「もつやき」もしくは「もつ焼き」で検索すると、続々とそういう店の情報が入ってきた。下町の酒場を飲み歩いて、ブログに書いている人たちも発見した。それらを片っ端から読んでいった結果、おもに足立区、葛飾区周辺に、うまいもつ焼きの名店が点在していることがわかった。そうして、いくつかネットで知った名店の中から、自分の通勤経路でもあった綾瀬の「大松」に初めて足を踏み入れたのが、2006年の8月24日だった。これ以後、おれの「もつ焼き名店探訪生活」が始まるのだった。
というわけで、つい先日も、綾瀬在住のコレクター友達と久しぶりに「大松」へ行ったので、そんとき食べたひと串を紹介する。
アブラだ。

このあいだ「ふつうの店のアブラはほとんどがいわゆる“脂身”なので食べているうちにイヤんなっちゃう」なんて書いたばかりで、この大松の脂はモロにそういう脂ギトギト系の串なんだが、それでも不思議とうまいんだな。
問題があるとすれば、それはこの店がどの焼き物もひと皿4串セット(400円)でしか注文を受け付けてくれないことだ。だから、ひとりで飲みに行くと、アブラもひとりで4本食わなきゃならなくなる。こんなの2本で十分だよ!