リーゼント

第三のスカジャン「ナスカジャン」いよいよ発売!

20年ほど前だったろうか。唐突にスカジャンが欲しくなり、どうせ買うならアメ横よりも本場で、と横須賀まで出向いていき、老舗のひとつであるプリンス商会で購入した。たしか15,000円くらいした。 ※写真はイメージ生地はサテン、前身頃と後ろ身頃が赤で袖が…

誰の心にもヤンキーは眠っている

わりと最近出たばっかりの本なので、知ってるひとも多かろう。すでに読んだ、っていうひともいるだろう。おれも読んだので紹介します。紫の青春 ~恋と喧嘩と特攻服~作者: 中村すえこ出版社/メーカー: ミリオン出版発売日: 2008/09/02メディア: 単行本(ソフ…

フリンジは男の振り袖

尊敬するアーチストとして昔から著書も愛読してきた横尾忠則の、はじめて読書目的ではなくコレクションとして買ったのがこの本。 『芸術は恋愛だ/横尾忠則』(PHP研究所)お茶目だよなー。そもそもおれはエルビスが好きでね。いや、ちがう。エルビス本人と…

中古盤から出てくるお宝写真(その1)

家でレコード整理をしていたら、すごく久しぶりにこれが出てきた。 『お前がまぶしすぎて/矢吹薫』 日本のリーゼントっていうのは、アメリカの『ウェストサイド物語』的なテディボーイズ(テッズ)文化とはちょっと違う方向へ奇形化して発展してきたもので…